NEKIG RETIPUJ

駅前の信号に停まっていた、商用の軽トラの横っ腹に書いてあった言葉…というか文字列。



ネキグ・レティピュージ?何語だこれ…と思いつつ、信号が青になったので道路を渡り、反対側から見て謎が解けた。その文字列が、まったく逆の順序に並んでいたからだ。

JUPITER GIKEN 
…つまり「ジュピター技研」。そう珍しくもない社名だった。

トラックやバスの側面に社名などを書く場合、昔は「車体の前方から後ろへ」向かって文字を並べることが多かった。日本語を横書きする時は、このブログのように左から右へ書き進めるから、つまり車体の左側を見ると通常の並びだが、右側にはあべこべの順番に並ぶことになり、たとえば

 共和リネンサービス(株)   は
(株)スービサンネリ和共    となる。(社名はてきとう)

これは、日本語が昔は右から左へ横書きしていたことの名残なのか、それとも「こうしておけば、車を走らせている時も自動的に読んでもらえる」という一見合理的な考え(笑)によるものか。ともかく、子供のころは面白がって読んでいたものだ。最近は少なくなったとは言え、まだ時折見かけないこともない。だがまさかアルファベットでやられるとは思わなかった。

ということで、ヘンな言葉の問題としてはあっさり解決したが、この文章をここで終わるわけにはいかない。それは、自分が最初に「何語だ?」と思ってしまったことによる。

見慣れない綴りの文字列を見ると「…これは何語?」と推測を働かせてしまうのは、僕のまあ趣味みたいなものだ。別に読めるわけじゃないが、たとえばouやeau、d' なんかがあればフランス語、フランス語より語尾にaやoやsが多かったらスペイン語、スペイン語みたいだが語尾にiが多かったらイタリア語、語尾にihとかahがあって、何となくkが多いとマレー語かインドネシア語。それから特定の文字(ßやöはドイツ語、 śとかčがあったら多分東欧…)など、綴り上のありがちな規則性をパッと見つけて何語か推測する。だから、たくさんの言語がずらりと並んでいる説明書などは大好きだ(笑)。

「NEKIG RETIPUJ」を見かけた時も、余りの見覚えのなさにギョッとしながら、頭の隅で一所懸命綴りのパターンを探してみたが、わからなかった。すぐ後に「そんな言葉はこの世に存在しない」ことが判明したものの、それでも、そういう性質を持った綴りが世界のどこかに存在するかもしれないじゃないか。と、思ってしまったわけですわ。

特徴的なのは語尾だろう。「-ig」とか「-puj」で終わる単語は、少なくとも僕が習ったことのある英語やフランス語にはまず見当たらない。ドイツ語だったら「-kig」あたりありそうだな。もしかするとマレー語とかタガログ語あたりに、ドンピシャの単語があったりして。とか考えながら、調べてみることにした。

どうやって調べるか。そりゃgoogle検索にかけて、出て来たホームページの国籍を調べればいい。インターネットがなければ、こんな遊びは成立しないだろう。楽しくも不思議な時代になったものだ。

何と、「nekig」という単語は存在することがわかった。だが残念ながら事前に予想したアジア言語ではない。これが検索結果だが、どうも普通の文章の中に普通に使われているやに見える。でも何語だこれ?見たところ東欧語っぽい。リストのURLを見ると「.hr」という国コードがいくつかある。Wikipediaの国名コード一覧を見ると、HR=クロアチア。クロアチア語ですか!いやー、お初にお目にかかります(笑)。

さてここまでわかると、「どういう意味か」も知りたくなってきた。だが、クロアチア語辞典なんて今日本に存在するんだろうか? と半ば期待しないで検索してみたら、いやー、あるもんですね。「Free Online Language Translation」というサイト。対応言語はArabic , Brazilian , Bulgarian , Chinese , Croatian , Czech , Danish , Dutch , Esperanto , Finnish , French , German , Greek , Hungarian , Icelandic , Italian , Japanese , Korean , Latin , Norwegian , Polish , Portuguese , Romanian , Russian , Serbian , Slovenian , Spanish , Swedish , Turkish or Welsh. ときた。ネット翻訳はまだ爆笑ツールの域を出ないようだが、普通の単語一つ調べるにはこれで充分だ。

というわけでクロアチア語の「nekig」を調べてみたら、
certain, such-and-such, some, one, indubitable, indubious, indisputable, determinate, decided, axiomatic, an, a, any
だそうです。「或る〜」というようなことですかね。

この調子で「RETIPUJ」もやってみたら、たくさんのところでHNや固有名詞として(つまりJUPITERの逆さ言葉として)使われているようだ。だがそれじゃつまらんので、一つずつ文字を減らして再検索。すると、「TIPUJ」というチェコ語があるらしいことがわかった。www.tipuj.cz というスポーツ関係のニュースサイトみたいなのがあるのだ。だが、ネット上のチェコ語辞典には見当たらなかった。

調査は現在ここまで。後日何かわかったら附記しますが…。誰も知りたかないかXD
[PR]
by uedadaj | 2007-11-01 18:36 |


<< アマミノクロウサギ 潘基文 >>