上出来

中国語で「手紙」はトイレットペーパー。「勉強」だと無理強い。「上出来」というと…



ちょっと前、キリン一番搾りが「上出来!」というキャッチフレーズで広告を打っていた。その新発売直前のポスターは確か、佐藤浩市氏がにっこりと自然体で突っ立つ写真(もしくは顔のアップ)に「上出来!」というコピーが一行だけ、というものだ。これを見て僕は、何だか中国語のようにも見えるな、と思った。

中国語として見ると、まったく違う意味になるはずだ。「上」には昇る、達する、登場する、などの意味があり、「-出来」は"方向補語"の一つで何らかの結果が現れることを示すから、「上出来」は「登場!」などという別の意味になるんじゃないか。まあそれでもこの広告の意味には合ってるよなー、と思い、そんな風なコメントがくる返ってくることを少し期待しつつ中国語ブログで紹介してみた(文の主旨は全然違いますが)。

間もなく、いつもお世話になっているtessからニヤニヤモードのコメントが返ってきた。
「上出來!」というフレーズを見た時、最初は便秘のCMかと思ったんだそうだ。

すると、あのダンディーな佐藤氏が満足気に微笑むポスターが、中国語ネイティブにはまるっきり違ったメッセージ(笑)に見えるということか。意外だが面白い展開だ。 これはしっかり確かめておかねばと、Yahoo!台湾で検索してみたのがこの結果(現在、先頭に私のブログの当該記事が載っとります^_^;)僕が最初に想像したような普通の用法に混じって、こんなサイトが見つかった。台湾Yahoo!の相談サイトのようだ。

(本文頭の二行引用)
「我從以前就蹲廁所要蹲很久的那種
 讓自己上出來的方法很多」


(だいたいの意味)

「自分は前からずっと、トイレに座りっぱなしのクチで、
 出すための方法はいろいろあるが(どれもあまり効果がなく…と続く)

確かに、紛れもなく便秘の話だ。さらに、最初気づかなかったが、この相談のタイトルにも。

上不出來 吃完東西肚子卻咕嚕咕嚕一直想放屁.... 快瘋了」

「出ない(上不出来)」ために、「気が狂いそう(快瘋了)」とある。なんとも気の毒な限りだが、この悩みはすでに解決済みだそうなので、気にせず先へ行かせていただく。

そうか。便秘とは「出ない」状況なんだから、「上出来」より「上不出来」で調べた方がいいかもしれない。というわけで、否定形の「上不出来」で検索してみたのがこの結果。ほとんど便通関係のサイトになってしまいました。いやーXD

とかやっているうちに、もう一つ似たようなケースを思い出した。

2年ほど前に「金が出たぞー!」と叫ぶ発泡酒のコマーシャルがありましたよね。これはアサヒの発泡酒「本生ゴールド」。ゴールドの新発売だから「金が出た」という単純な話だが、実はそのコマーシャルも「黄金出来了!」という中国語にして紹介した。 それに対して早々に出てきたコメントが「台湾なら便秘薬の広告だね」。これはわかりやすいだろう。日本語でも、そういう感覚がなくもない。

実際に台湾にそうした広告があったのかどうかは聴きそびれたが、もしあったとしたら結構面白いものになっているんじゃないかと思える。去年電通のアドミュージアムで開かれた「台湾広告展2006」なるものをチラッと見てきたが、台湾の広告は日本に比べると即物的でどぎつい表現があるものの、ウィットやひねりの利いた面白いものも多く、かなりパワフルだと感じた。なければぜひ作ってほしいものだ。XD

まあ、どちらも所詮は下らない偶然というだけだが、同じようなコマーシャルでこんなのが二つもあると、やっぱちょっと紹介してみたくなるじゃないですか、ねえ。
[PR]
by uedadaj | 2007-04-13 17:12 |


<< 昇り龍 無塩せき >>