人気ブログランキング |

5201314

4649。5963。88951。それどころじゃない。中国語だと数字で愛が語れてしまう。



僕は生活にハイテクを導入するのが遅いほうで、携帯電話を持ったのは21世紀になってからだった。当時はちょうど、ネットの掲示板などを通して在日中国人の友だちをつくり始めていた頃で、無謀にも自分の電話番号で中国語のゴロ合わせを試みた。

僕の携帯電話の番号は上3桁が090で、個別番号の上1ケタが9。0909で何かゴロになるかと思い、「09→lingjiu」を辞書で調べて見つかったのが「靈柩」(爆)。他にこの発音の単語が載っていなかったので、0909→靈柩靈柩に決定。ううむ。

その後辞書を繰り繰り「靈柩靈柩散而齊」(謎)までひねり出したが、下4ケタの落ちがつかずにあきらめた。

時は下って、前に中国語のウェブログで、日本では数字のゴロ合わせが発達してるんだぜ、ということを、巷で良くいう「○○の日」を例にとって紹介したことがある。その時、台湾の人からもらったコメント。

>這就和當初行動電話未普及時,大家都使用呼叫器(B.B. Call)來傳遞一樣。打個 5201314給對方一樣嘛。
(携帯電話がまだ余りない頃、ポケットベルで5201314とかやってけど、それと同じようなもんだね、というような内容)

ああ、そう言えば日本も、携帯電話前夜に似たようなことがあった。数字表示機能しかないポケベルを使って会話する少年少女のことを、テレビの特集番組で見たことがある。電話番号のゴロ合わせどころではなく、88951(はやくこい)とか3341(さみしい)など、かなりの事柄を数字だけでやりとりしていた。半ばあっけにとられて見ながら、「必要に駆られた若者たちのクリエイティビティ」と「日本語の言葉遊びの可能性みたいなモノ」に思いを馳せたっけ。

などと思い出しつつ、5201314を調べてみた。我愛你一生一世。…すごいっすね。その頃も881(拜拜)ぐらいは知っていたが、こりゃほとんどラブソングの一節になっている。考えてみれば、数字1つが漢字1文字の情報量となるわけで、日本語だとこんなコンパクトにはまとまらない。「11月22日=いい夫婦の日」ぐらいでいばってすみません。^_^;;

ところで、それぞれの数字と漢字を突き合わせると、結構「訛っている」ことに気づく。
5 2 0 1 3 1 4 = wu er ling yi san yi si
我爱你一生一世 = wo ai ni yi sheng yi shi

元々「sh」の語が「s」の音を当てても大丈夫なあたり、やはり南方のにおいがしなくもない。「0」が「你」を当てているのも、你を「li」と発音する台湾語の影響があるんだろうか。そういう、方言も含めた発音の幅が、プラスに働いているのかもしれない。

他にどういうフレーズがあるものか気になり、検索してみた。見つけたのがこのサイト。愛の語らい系を中心にかなりのバリエーションがあるようだ。

3 8 5 4 3 3 5 = 三不無時想想我 ううん、3(san)はxiangも代用するのか。
7 7 5 4 3   = 猜猜我是誰   7(qi)をcaiにするのはどうなんですかね。
7 6 5     = 去跳舞     6(liu)→tiao これは外国人には想像もつかない。
0 9 5     = 你找我     9(jiu)→zhao 
7 9 9 8    = 去走走吧    9(jiu)→zou

ざっと見てみると、q→j、cとか、j→z、zhなど、日本人がちょっと間違えそうな発音を平気で混在させている。四声もあまり関係ないようだし、こういうのを見ていると、zhをjと発音したり、ちょっとぐらい四声間違えても結構通じるんじゃ?などと、学習者にあるまじきことを考えてしまう(笑)。

だが少なくとも、数字のゴロ合わせの世界に限ってはかなりの自由が許されてるワケですね。昔「靈柩」としか書けなかった「09」も、「你走」「你找」などと応用できるようだ。

じゃあ、この辺の例を参考にして、もう一度電話番号のゴロ合わせをつくってみようか。ただ、面白いのができたからといって、ここで公開できないのが辛いトコロだが(笑)
by uedadaj | 2006-05-20 00:34 |


<< IMPOSSIBLE IS N... 実物大 >>