夾心餅乾世代

夾心餅乾とは「クリームなどが挟まっているビスケット」。このお菓子に象徴される世代とは?



最近何かと話題になる団塊の世代。これは堺屋太一氏による言葉だそうだが、今や考案者よりもよほど有名になった。思えば、日本人の考え方や行動が「世代別」に解釈されるようになった、そのハシリがこの言葉じゃないだろうか。

他にもいくつか、パッと思いつく世代の呼び方がある。たとえば「全共闘世代」「シラケ世代」「バブル世代」。加えて、マーケティング会社などが消費者の行動分析のため、各世代に一通り名を付けている。この本によると「キネマ世代」「ハナコ世代」「ばなな世代」「ケータイ世代」「プリクラ世代」…(さすがに上品)。もっとも、「団塊の世代」とその子供である「団塊ジュニア世代」ほどインパクトがあって、定着しそうなネーミングはない。これは言葉のパワーによるものか、それとも世代の構成員のパワーによるものか。

ところで、世代に名前をつけることは台湾でも好まれているようだ。最近知ったのがこの「クリームサンドビスケット世代」。該当するのは3,40代。上には面倒を見なければならない両親がいて、下には贅沢を覚えた子供がいる。上下の世代からぎゅっと挟まれて精神的、経済的にプレッシャーを被ることを表現したようだ。別名「サンドイッチ世代」。

その他に、果物の名前をつける面白い言い方をいくつか見かけた
大体こんな風なことらしい。
●イチゴ族:1970年代後半〜80年代前半生まれ。外ヅラはきれいだが抵抗力がなく、逆境に弱い。
●水蜜桃族:1980年代後半〜90年代前半生まれ。新しもの好きで自慢好き。こらえ性がなく、ちょっとヤなことがあるとすぐキレたり腐ったりする。
●レモン族:1950年代生まれ。外見はなんてことないが、中身はキツイ。だが健康にはいい(最後の一言が謎)
●グアバ族:1960(一説に50)年代生まれ。物欲はあまりなく、安定した暮らしを好む。逆に言えば頭が固く、変化に対応できない(グアバって固いんだっけ)
※年代についてはあまり明確に規定されていないようだ。

他にもリンゴ族やブドウ族という言葉を見かけたが、どうやらイチゴ族の後追いでいろいろ出来てきたようで、だんだんこじつけが苦しくなってくる(笑)。とは言え、これらの名称からは、世代ごとの人間性を食物になぞらえてズバリ表現しようという、一種の諷刺精神のようなものがうかがえる。考えるのがかなり大変そうだが、いちいち頷かされるものがある(んだろうなあ、現地の人には)。

一方日本の場合は、各世代の青春期に話題になったり、流行したものをそのまま借りてきてネーミングするという手法。どちらかと言えば、人を語るというより、人を通して時代を語るようなネーミングだ。なんだか、歳の近い者同士が昔流行った歌謡曲で盛り上がり、なんとなく分かり合っちゃうようなノリを感じなくもない。

そう言えば、「イチゴ世代」という呼び方は十数年前の日本にもあった。団塊ジュニア世代のことだそうだが、こちらの由来はと言えば、彼らがマーケティング的に注目され始めた頃、年齢が「15歳」だったから。もう…、単なるダジャレぢゃないですかT_T しかも、当時の年齢からとったネーミングだから、あっという間に使われなくなった(笑)。ちなみに前述した「ばなな世代」は吉本ばななにちなんだもので、果物とは関係がない。

ところで、イチゴだリンゴだレモンだなどと言われても、男性にとっては面映ゆいばかりじゃないかと思うが、案の定これらの名称は、女性マーケットを前提として生まれたものらしい。そう言えば、日本のマーケティング業界が名付けたハナコ世代、ばなな世代、プリクラ世代などのネーミングにも、明らかに女性の方にウエイトが置いてある。ふうん。国は違っても現代社会、やはり消費の中心は女性なんですね。ま…、いいけど -_-
[PR]
by uedadaj | 2006-04-25 17:09 |


<< 去死去死團 繁體字 と 简体字(2):骨 と 骨 >>