uedada《日本創意文案》



というわけで11月28日、僕の本が出版された。

【業務連絡(笑)】
「博友会」の皆さん、新年会では誠にお世話になりました。
上記の本にご関心をお持ちの方は uedada[アットマーク]gmail.comまでメールをください。
あの時説明しきれなかった詳細をご説明致します。




...らしい。

何しろ、台湾で出版されているので、いまいちリアリティを感じないのだ。でも現地の網友が書店に並んでいる様子をブログに載せてくれたし、この週末にはやっと刷り上がりのサンプルが届いたので、たぶん本当に売ってあるんだと思う。

4年ほど前から中国語ブログ「23區24小時--東京碎片」をやっているが、そこに書いたものをふるいにかけて、多少改訂を加え、おまけコンテンツも少々つけて、本の形にしたものだ。

改訂作業のために、40近い過去の文章を、改めて読み直した。数年前の文章などは内容を忘れているものもあったりして、結構新鮮だ。「おお、昔のおれって、割とイイこと書いてんじゃん...」なんて思ってるのはしかし、最初のうちだった。

よくわからないのだ。自分の書いた中国語が。

もとよりマトモな中国語が書けているつもりはなく、「多少変でもまあ、日本人なりの味ってことで」とか思っていたが、読み返してみると「多少」では到底すまない。センテンスが長過ぎたり、変な所に助動詞があったり、明らかに誤用だったり。言い回しもこなれていないので、ロジックがちょっとムリヤリだと読むに堪えなくなる。今更ながら読んでくれた方々に申し訳なく思いつつ、今見て大体わかるように直して編集に渡した。

だが数日後、編集から返って来た原稿をみて、再び凹まざるをえなかった。

原稿はワードでやりとりしており、ボタンを押せば修正個所が下線&色替えで表示されるようになっているわけだが、見てみると一文字置きぐらいの勢いで修正されている。段落全取っ替えの部分もあるので、全体としては修正率7、8割か。今度は編集さんに申し訳ない気分になった。

こちらの作業としては、再び全文精読して変更個所を調べ直し、元の意図とズレていないか確認し、ズレている個所は「いやそうじゃなくて、こういうことが言いたかったんですけどね」と、原稿にコメントを挿入する(相変わらず変な中国語で)。

ところが、その作業を進めていると、「そうじゃなくて」と指摘する個所が、意外と少ないことがわかってきた。つまり、表現を全取っ替えせざるを得ないような変な文でも、「一応こちらの意図は通じているんだ」と、妙な安心感を持つに到った。あっぱれ、編集の張さん。
(もちろん、全然違う風に解釈されて、何度かやり取りした個所もある)

見たことのない言い回しに直されて、慌てて辞書を調べる個所も多かった。たまに困ったのが、書き換えられた単語が手元の辞書に載っておらず、確認できないことだ。考えてみれば、「台湾で標準的な言い回し」に直されているわけだから、大陸の中文ベースの日本の辞書にない言い方があるのもまあ、仕方がない。グーグルの台湾版などで検索し、意味を推定したりして対応した。一方で、意外と日本語そのままの言い方でOKな部分も多かった気がする。

大変だったが、かなり勉強になった。本を出したおかげで、プロの方の添削を受け、いろいろと新しい表現を覚えることができた。

...いや、違うな。まだ「勉強」にはなっていない。

原稿を見ている時は、覚えるどころではなかったから、これから自分の本をテキストとして「復習」しなければならない。つまり、あと一回読み直すことになる。ここに書けるネタも結構見つかるかも知れない。


【附記】
※台湾の新聞「中國時報」の12月14日休日版の新刊書のお知らせに、
 この本がちょっと紹介されたらしい
 見に行けないのがもどかしいが、書き留めておく。
 ...それにしてもこの記事中、「文字淺白幽默」の「淺白」ってなんだ? XD

※12月15日、台湾のネット書店「博客來網路書店」のメルマガらしきものに
 取り上げられているのを見つけた。
 実は文中で、紹介文の筆者は読者に謝っている。
 「很抱歉,這真的不是一本講日本創意文案的書。」(XD)
 "これ、ほんとは広告のコピーについての本ではありません、ごめんなさい"だそうだ。
 わはは。紛らわしータイトルですみませんXD
[PR]
by uedadaj | 2008-12-08 17:33 | 極楽 | Comments(22)
Commented by 小學生 at 2008-12-11 20:59 x
1. 到現在還沒收到書?
2. 請問, 日文也一樣是說 "網友" 嗎?
Commented by uedadaj at 2008-12-12 12:09
小學生,
1.現在已經收到,週一也在公司發表了。
2.不。是從中文引用的,因為這次好用點。用日文說「あみとも」也不會通XD
Commented by baijinghy0527 at 2008-12-14 09:08
「日本創意文案」の出版、おめでとうございます!
日本人の人気ブロガーが台湾(もしかしたら大陸も含めて)ブログを元に製本、向こうで出版するのは初めてじゃないですかー!?
きっと初めてでしょう!

moreの中の出版にあたっての感想もみました。
今回の校正、ブラッシュアップを元にまた中国語ネタをひろって二巻、三巻に続いちゃったりして!

この本が店頭にならんで話題になっちゃって、
台湾で「すごい!」の日本語が定着しちゃうカモ!!
Commented by uedadaj at 2008-12-15 16:45
どうもです^_^;
初めてかどうかはわかりませんが、まあ相当珍しいんじゃないかと。
出版社、勇気あるなあと思いました。(笑)
Commented by 小學生 at 2008-12-25 00:40 x
公司的同事有什麼感想呢?
阿~等過年放假有空時
您再聊聊吧 ^^
Commented by tubomim at 2009-01-18 09:32
正在拜读大作中,从书中我发现了很多平日生活中存在,但是我们没有注意到的地方,佩服您独具慧眼的创意新作,当然作为日本人能用如此娴熟地道的中文写作,让我佩服之极. uedad桑,我要好好向你学习.
Commented by uedadaj at 2009-01-20 19:07
つぼみさん、どうもです^^
つぼみさんのご本の中に、いくつか当方のBLOGと重なっているネタがあって、
(フリマとか弁当とか)
それぞれに見方があるんだなあ、と興味深く読んでます。
ありがとうございます。
Commented at 2009-01-25 18:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gaoqiao-pengfu at 2009-01-26 23:03
uedadaj先生
昨天我也非常吓拉一跳了。
见了五味先生的同事是很意外的。
从今以后请多关照。


Commented by li_japan at 2009-01-27 10:24
井上さんの写真に書いた説明からここにリンクした。では。
Commented by uedadaj at 2009-01-27 11:38
gaoqiao先生:
欢迎你来!
昨天我给他们俩说了与你遇见的事,他们果然又惊讶又怀念。
以后还请多多指教^^
Commented by uedadaj at 2009-01-27 11:39
liさん:
おお!ありがとうございまーす!
Commented by sharon at 2009-01-27 17:26 x
我看uedadaj先生和gaoqiao先生两位用中文写留言,很新鲜的感觉。
可能跟你们看到我和why san和tubomim san用日语交流时的感觉是一样的吧。
Commented by uedadaj at 2009-01-28 10:53
sharonさん、
呵呵,要说也是。
但对我来说,两位中国人用日文说话的场面我已经很多次看到,
所以whyさんとつぼみさんが日本語で会話していても没有什么不协调的感觉XD
再说,お二人ともフツーに喋りますしね。
Commented by tubomim at 2009-01-31 06:07
《2535 magazine》的连载、恭喜你、好事接连不断、我们都跟着高兴。
Commented at 2009-01-31 06:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uedadaj at 2009-02-02 12:33
tubomiさん、谢谢你。
很遗憾的是,该杂志专在台湾售卖,很难给你们看。
但杂志社准备把印刷好的杂志送给我,有机会拿去给看看。^^
Commented by hanako_mama at 2009-02-06 08:17
先日の新年会では、この本の紹介をして下さって有難うございました。
また私のブログにコメントをいただき嬉しかったです。
そうそう!カラオケのサザンは新鮮でしたね♡
 (ウルトラセブンの悪役?も ^^)
この本の到着が楽しみです!
Commented by tubomim at 2009-02-06 10:04
期待着这本杂志早日来到日本。
Commented by uedadaj at 2009-02-06 14:06
花子ママ様、こんにちは。
ただいま出版社に諸費用などの確認メールを送っておりますが、
返事に意外と時間がかかっております。
(前例があまりないせいか?)
ごめんなさい、今しばらくお待ちくださいませ。

カラオケって、あの場になるとなかなか歌う曲を思いつかないもので、
とりあえずサザンをやっときましたが、
実はもう少しばかり古いのも、けっこういけます。
伊勢佐木町ブルースなんか、いいですねXD
Commented by hanako_mama at 2009-03-06 20:39
昨日、この本が届きました。
シンセンの教授室というのは、私の中国語の教師群のことです。今、学習に使っている本が間もなく終わるので、つぼみさんの手記や uedadaさんのこの御本を教材に使いたい、と彼らが提案するんじゃないかなぁ、と言う意味でした。(メールの説明。。)
あ、それから謎の言葉の意味は了解しました(笑)
Commented by uedadaj at 2009-03-10 11:59
なるほど、花子ママさんの留学先ということですね。
なんかワクワクしますね。ありがとうございます。


<< 的 と 地 敗 >>