商売で「まける」のは、日本語では売り手の側。でも中国語では客の側らしい。



中国語に「不可不敗」という言葉があるそうだ。「負けざるを得ない」?? いや、そんな妙な意味でないことは、使われ方を見るとすぐわかる。「不可不败」を検索すると、こんな見出しが並ぶ。

最新款不可不败的时尚衣衣 (不可不敗な最新ファッション)
不可不敗!光澤感夏妝絕對必備 (不可不敗よ!キラキラメイクは夏の必需品)
不可不買的東東 ~ 超便宜 (不可不敗なアイテム---超安い!)
(baidu.comより。以下同じ)

とこのように、広告上の常套句となっているからだ。どう考えても「買わなきゃ!」という意味だろう。しかもファッションとか、流行の新製品とかによく用いられる、かなり砕けた、勢いのある、びっくりマーク付の言い方のようだ。

実は「不可不敗」という熟語だけではなく、「敗」一つで「買う」という単語として機能しているらしい。試しに「一定要败」で検索してみたが、

超级卡哇伊包包一定要败到手!(超かわいいバッグ、絶対買う!)
一定要败的,很便宜的(絶対買わなきゃ、安いんだから)
这回一定要败一台ibook回来了! (今度こそibookを買ってくるぞ!)
※中国語末尾の( )内は筆者がてきとーに日本語にしたものであり、標準的な訳語とは限りません。〜以下同じ

と、あんまり変わらないニュアンスの見出しが並ぶ。中には「負ける」というおなじみの意味で使われているが、あまり多くはない。ざっと見た所では、下の1項目くらいだった。

百度的官司一定要败 (百度の裁判はきっと負ける)

ただし、キーワードを「败了」にまで短くすると、どうやら「負け」の意味の方が優勢になってくる。

小岛秀夫很失望:日本游戏已经败了(小島秀夫 悲観「日本のゲーム(業界?)はもう負けている」)
哥伦比亚又败了(コロンビア、再び敗れる)
彻底败了(大負けした)

この他、「败了」とか「败了败了」「我要败了」など、どっちの意味にもとれる文も多い。結局のところ、「負ける」vs「買う」のどっちが優勢なのかわからないが、少なくとも、「败」一文字で即「買う」の意味になるほどには定着していない印象を受けた。メディアやメーカー主導で広まった流行語と言ったところだろうか。

しかし、なんで「敗」が「買う」の意味になるんだろう? 中日辞典を見る限りでは、

【败】壊れる、壊す、だめになる/失敗する/敗北する、負ける/打ち負かす、打ち破る/腐る、腐敗する/しぼむ、凋落する/病根を取り除く(講談社 中日辞典 Canon G90版)

気がめいるような意味ばっかり並び、買うという意味につながる手がかりは今イチ見つからない。...とここで、中国人の友人に「敗が買うの意味になってる単語って何かある?」と聞いた所、教えてくれたのが「敗家」という言葉だ。

【败家】 家財を蕩尽する、家を没落させる/身代をつぶす(同上)

なるほど。家の行く末に影響するほどに金を使う、と言う意味から、「思い切って散財」→「買う」という意味になってきた、という解釈も、できなくはない。

しかし、「败家」の「败」はもともと、「金を払う」とか「物を手に入れる」というよりは、「(家を)ダメにする」意味の方にウエイトがある印象がある。その感覚で言えば、「買う」という意味にたどり着くにはちょっと...遠いんじゃなかろうか? それに、関連の言葉が「败家」以外に見当たらないのも気にかかる。

そんな時に結構頼りになるのがtwitter.comである(最近よく止まっているが)。

原來「敗」一詞也有「買」的意思[不可不敗]。不知這是比較新出的含義嗎?
(敗には「買う」の意味もあったんですね。新しく出てきた意味なんですか?---のつもり)

とつぶやいてみたら、ぱらぱらっと反応が来た。。

是從"敗家"與Buy的諧音衍生的,應該是這幾年才開始有人這樣用的
("败家"と"buy"の音から派生した言い方です。多分ここ数年の言い方でしょう)

这是有了很久历史的说法。“败”在读音上同“buy”,同时有“败家”之意。
(けっこう古い言い方ですよ。"败"は"buy"と発音が一緒で、"败家"の意味もあります)

おお、原来如此! 

フタを開ければなんとわかりやすい答えだろう。「buy」という英語は、さっさと連想できなきゃいけなかった。これまでにも「酷=cool」とか「拷贝=copy」いう例があるし。そう言えば、败や酷は第四声なので、アクセント上もほとんど違和感がなさそうだ。

...でも拷贝はkao3bei4だな。他の例をパッと思いつかないが、あながちアクセント重視というわけでもないようだ。

そう言えば、いやな意味の漢字ばっかり使ってあるのは、たまたまだろうか。败は「負ける」だし、酷は「ひどい」だし、拷に至っては「叩く、拷問する」だし。ちょっと他の例を思いつかないのでいろいろ言えないが、こうした音訳語が生まれる際には、何か一定の感性みたいなものが働いているんだろうか?

[PR]
by uedadaj | 2008-10-28 17:56 | | Comments(16)
Commented by baijinghy0527 at 2008-10-30 06:09
「败」を「買う」っていう意味で使うのは見たことなかったんで、「なんだろう??」
と思って読み始めまして。

「売る側の押しや、商品の魅力に(金持ってないけど)負けた!買っちゃう!」
っていう意味からきてるのカナーと思って読み進んでたけど、おお!

原来如此、外来語の音読みだったのね、元は台湾系中国語っぽいですな。
Commented by uedadaj at 2008-10-31 11:10
>意味からきてるのカナー
うん。最初は私もそう考えました。
でも一方で「でもそれって日本人っぽい発想だよな」などとも思ってました。
両岸三地どこが言い出したのかについては...未確認。
香港由来かも。買物天国だし(この感覚古いか)。
Commented by sharon at 2008-10-31 13:33 x
败はbuyの意味合いでの使い方は、私にとっても新概念です。
Commented by danmeiaomi at 2008-11-01 13:28
对于我更是个新概念。
学习了。
Commented by 小學生 at 2008-11-02 05:34 x
嗯,換個角度來說
是口袋裡的鈔票"敗"給物欲... ( =_=!!! )
Commented by uedadaj at 2008-11-04 14:51
sharonさん&danmeiさん、
実は、ちょっと予測していました。
たぶん、こちらに長くお住まいのネイティブの方は
ご存知ないんじゃないかと。^^
Commented by uedadaj at 2008-11-04 14:52
小學生,

呵呵,這正像樓上baijinghy的解釋..
Commented by haru at 2008-11-09 21:50 x
「bai」的四声本来字数就不多,再加上自己的意志败给购买欲望了,所以用“败”字比较贴切,反正,肯定不会用“拜”字就是了。

ニュアンスは買うとちょっと違うと、個人的に思います。「高いけど思い切って買う」、「安いから買うしかないでしょ!」みたいな時に使うかな。後、値段など考えないでショッピングを楽しむ時も使うかもしれません。
Commented by uedadaj at 2008-11-11 11:24
haruさん、ご解説ありがとうございます。
なるほど、楼上の白氏や小学生がコメントしてくれたような
ニュアンスは、やはり含んでいそうですね。
というか、やっぱり売り手発信の言葉だなこりゃ。

そういえば“拜”という字もbai4ですね。
今は見当たらないけど、そのうち宗教方面の用語に出て来るかも。
不可不拜的护身符,三万块!とかXD
Commented by T.Fujimoto at 2008-11-12 16:15 x
「不可不拜的护身符」、これは座布団を1枚差し上げたいです。
Commented by 小學生 at 2008-11-13 04:14 x
對大多數人來說,
應該只有財神爺才是"不可不拜" 吧!
Commented by uedadaj at 2008-11-18 11:06
T.Fujimotoさん、
いやどうも^_^; もうどこかで売ってあったりして...
Commented by uedadaj at 2008-11-18 11:07
小學生,
這麼一說,你有拜過財神爺嗎?
Commented by 小學生 at 2008-11-20 06:22 x
我想想...
在台灣沒有特別去拜財神爺
不過日本旅遊時,若是經過神社會順便拜一下
(好像稻荷神社是求財的,七福神中的惠比壽神算是財神爺嗎?)
Commented at 2008-11-21 15:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uedadaj at 2008-11-27 12:29
小学生,
>七福神中的惠比壽神算是財神爺嗎
據wikipedia所記述,七福神當中具有財神因素的是,
恵比寿、大黒天、弁財天、福禄寿、布袋。
哈哈,多半神都是!XD


<< uedada《日本創意文案》 靠得住 と 可靠 >>