3.14

3月14日は何の日? ホワイトデー… それでもいいが、「円周率の日」という答えもある。



11月22日がいい夫婦の日とか、8月8日はフジテレビの日とか、そんなことやってるのは日本人ぐらいだろうと思っていたら、この円周率の日。結構多くの国で言われているらしい。ウィキペディアでは、22もの言語がこの日の項目を取り上げている(リンクページ左下の「languages」リストを参照)

説明によると、3月14日以外にも円周率の日が存在するようだ。ウィキペディア日本語版から引用させてもらう。

7月22日
7月22日は 22/7 と表記されることがある。この区切り文字である / を割り算の記号(または分数の割線)とみなすと、アルキメデスが求めた近似値となる。


ふうん。でも「22/7」とひっくり返すと、日本人にはあまりピンと来ませんな。ちなみに22わる7は、3.142857142...で、3.14以下は合ってない。つまり、3月14日を超えていない(笑)

12月21日(閏年は12月20日)
中国における近似値の日である。新年から355日目にあたる日であり、祖沖之が求めた円周率の近似値である 355/113 の分子に由来する。分母にあたる1時13分に祝われる。


お、これは3.141592まで合っている。中国人さすが。でもシロートには少々面倒くさい。

4月26日
新年からこの日までに地球が動く距離が2天文単位となる。地球の公転軌道の長さと移動距離の比が円周率に一致する。


ううむ、言ってる意味はわかったが、地球の軌道って楕円だと言うし、微妙に円周率の話からは遠いような。^_^;

11月10日(閏年は11月9日)
新年から314日目に当たる日である。


これはわかりやすいですね。でも「3.14の日」じゃなく「314の日」だろ。

それから、「1592年3月14日6時53分58秒」が究極の円周率の日という解説もあった。一瞬「3と14が入ってるだけじゃねえか」と思ったら、アメリカ式で表記すると「3/14/1592 6:53.58」で、上12桁と一致するのだと。

いや…別にいいけど、1592年ってねえ。そんな昔の話、今決めてどうすんの? それにアメリカ式と言っても、アメリカはこの頃、やっとイギリス人による植民が始まったくらいで、国自体がまだないはずだ。…野暮な突っ込みでしょうか。(ちなみに日本史では、豊臣秀吉の軍勢が朝鮮半島に攻め入った年だとか)

ところで、中国の検索エンジン「百度」版のオンライン百科事典である「百度百科」にもこの説明が一通り載っているが、項目の最後に何の説明もなく、「中国語による円周率の語呂合わせ」が書いてあった! わはは。「5201314」に感心してる場合じゃないね。誰が考えたのかわからないが、お見事。引用させていただきます。

3.141592653589793238462643383279184177564458124720658815988066864013671875 “山间一寺一壶酒,而乐吾刹五,把酒吃酒三而三,巴士溜而溜,西伞三把。伞而,吃酒要把诗,吆起起舞柔,丝丝舞吧,吆啊似起啊,拧扭我把,把一壶酒,爸爸您留留吧!留丝您一身。留起要把起舞。”

(文中の簡体字を一応日本の漢字に変換すると、
 间=間、壶=壷、乐=楽、伞=傘、诗=詩、丝=糸、拧=擰)

最初の「山間一寺一壷酒」なんて、漢詩の雰囲気さえ出ていて素晴らしいが、言ってることがだんだんヨレヨレになってくるのがいかにも語呂合わせらしい。「バスでぶらぶら」とか、「お父さん、お酒一本とっといて」とか。でも何だかよくわからない部分もある。面白いから、どなたか訳してくださいませんか?

それから、以前「5201314」でも触れたが、発音との対応がけっこうゆるい。やはり正確なだけでは語呂合わせなんて到底できないようだ。「06(ling liu)」が「拧扭(ning niu)」になっていたり、「零(ling)」が「您(nin)」で代用されていたりと、「L」「N」が近い位置づけであるのもよくわかる。

円周率という数値が何だかリクツでは捉えきれない奇妙な数だけに、それにまつわるお遊びもいろいろ生まれてくるわけだ。ただ、円周率の日に何をやるのかといえば「世の中における円周率の役割を考え円周率が存在しない世界について考える」とか「パイを食べる」「映画"π"を観る」なんぞだというから、まあ、ホワイトデーと比べてより意義深い日というわけでもなさそうだが。
[PR]
by uedadaj | 2008-03-14 15:53 | | Comments(17)
Commented by danmei at 2008-03-14 22:23
小さいころに、確かに、小5の時。
クラスメートと「圆周率」100位まで覚えたことがあります。
遊びみたいで、面白かったという記憶がありました。
語呂合わせ(顺口溜)の方法ではなく、単なる数字の覚えでした。

歴史とかは「顺口溜」で覚えたら、確かに面白いですね、

Commented by uedadaj at 2008-03-18 11:13
100桁行きましたか。すげー。
私ゃ数字丸覚えで35桁でした。あ。今も言えるな。
元素記号は語呂で50前後まで行ったことがあります。忘れたけど。

歴史の年号の語呂合わせ、日本の学生はよくやってますよ。
1192=「"いいくに"つくろう、鎌倉幕府」とか。
たぶん、あおみちゃんも10年後くらいにやるのでは。
中国語ではやってますか?
Commented by baijinghy0527 at 2008-03-20 14:21
ワタシは3.141592までが限界、6桁(爆)。
こういう数字の暗記物って√とかも覚えましたですね。

ひとよひとよにひとみごろ とか、
ふじさんろくに、、、なんだっけ?(汗)

語呂合わせって中国語で「顺口溜」っていうのね、勉強になりました!
Commented by danmei at 2008-03-21 20:00
π(パイ)が好きなんです。書き方なんですが。
↑其实我不过只是喜欢这个符号而已。
数学の中にβも好き。

学生時代に歴史とか世界史とか
よっぱり顺口溜で暗記しましたよ。

あまり歴史に興味を持ってなかったですけど。。。
中国の歴史って、特に「清朝」。情けないね。
絶対勉強しないと自分に決めました。
点数はいつも最悪状態でした。
π(パイ)、β、θとかのような符号があるこそ、
数学はすこしロマンティックになる。
そのおかげで、数学に興味を持ったかもしれませんね。
でも、「夏商和西周,东周分两段,
春秋和战国,一统秦两汉,
三分魏蜀吴,两晋前后延,
南北朝并列,隋唐五代传,
宋元和明清,王朝至此完。」ぐらいは覚えています
Commented by T.Fujimoto at 2008-03-23 00:42 x
お、山間一寺一壺酒、素晴らしいですね。後はさすがにちょっと強引だと思いますが。
最近、日本の算数では円周率を3で計算してもOKらしいですが、あれはだめですよね。円のなかに内接六角形を描いたら、悩んでしまった小学生がいるとすれば、罪です。

語呂合わせ記憶術は、台湾での学校生活で、いくつか体験していました。
「一妻三児離我」、「意思意思而已」は、√3と√2。
「餓的話毎日熬一鷹」は、義和団の乱に起因する八ヶ国連合軍の参加国(俄徳法美日奧義英=ロシア・ドイツ・フランス・アメリカ・日本・オーストリア・イタリア・イギリス)、など。
笑えるものだけ、一応覚えています (^^;)
Commented by uedadaj at 2008-03-24 11:13
白氏、
富士山麓鸚鵡鳴く(2.2360679...)ですな。
子供の頃父からコレを聞いて、「本当に富士山にオウムがいるのか」
と問いつめたシャレのわからない私だす。
...その後、富士山麓の上九一色村にオウムが拠点をつくったのは
シャレがキツ過ぎましたけどね。
Commented by uedadaj at 2008-03-24 11:20
danmeiさん、
つまり、ギリシャ文字にロマンチシズムを感じるのですね。
ローマ数字だとどうですか(笑)

私ゃ子供の頃、「中国の名前」をこんな風に覚えました。
「イン シュウ シン カン ズイ トウ ソウ ゲン ミン シン」
(殷・周・秦・漢・隋・唐・宋・元・明・清)
これのおかげで、高校生の時多少は助かったような。
でももともと世界史は苦手だったので焼け石に水でしたが。XD
Commented by uedadaj at 2008-03-24 11:30
T.Fujimotoさん、
わはは。腹が減ったら毎日鷹を煮て食うんですか。おもしれー。
ところで、fa -> huaというのもOKなんですね。
fとhの混同は日本人の弱点の一つですが、
中国語ネイティブは許してくれないと思っていました。

円周率を3と教えるのは、近々やめるようですよ。
さすがにダメだろうってことで。
Commented by 小學生 at 2008-04-10 07:21 x
這話題讓我想起上個世紀去大阪時
看到一家店的 logo就是用圓週率的符號
是叫做 "pie factory" 的洋果子店
Commented by uedadaj at 2008-04-10 17:07
小学生,
是這家嗎?
http://r.gnavi.co.jp/k195007/
哈哈,我从來沒有認識的。
Commented by 小學生 at 2008-04-12 04:38 x
沒錯沒錯 ^_^

因為本世紀去大阪旅行並沒看到(其實我也沒特地尋找啦)
我還以為這家店倒了呢
Commented by uedadaj at 2008-04-15 12:20
嗯,據悉此店只有兩家,不是每次看到的吧。
Commented by why at 2008-04-24 12:14 x
遅ればせながら、私も中学生の頃、数字丸覚えで100桁を挑戦だけしたことがあります。今は27桁までなら覚えています。
数字も歴史年表も、語呂合わせはあまり教わりませんでした。餓的話毎日熬一鷹なんて知っていれば、歴史の勉強がもっと楽しめたのに、惜しいことをしました。
ちなみに「八ヶ国連合軍の参加国(俄徳法美日奧義英)」、これ、中国の大学受験に出題された事があります。私達の時代は過去問で練習しました。
Commented by uedadaj at 2008-04-25 19:29
日本の年号語呂合わせの場合、
ムリヤリ史実に引っ掛けようとする脱力な覚え方が
逆に印象に残ったりしたもんです。
鳴くよ(794)ウグイス、平安京 とか
鉄砲伝来以後予算(1543)増える とか。
でも歴史の流れなんか覚えてらんないわけですがXD
Commented by 小學生 at 2008-05-13 02:23 x
我以前是在大阪JR難波站直結的商場看到這家店的
當時旅客可以在Osaka City Air Terminal的航空公司櫃檯
預先辦理登機手續

不過進入21世紀後,OCAT這個單位就消失了
此後就沒再到JR難波站了
(雖然站名相同,但南海電鐵、近鐵的難波站跟JR難波站距離有點遠)
Commented by uedadaj at 2008-05-14 16:20
剛才看了地圖一下,的確離得相當遠呢。
那麼說來,我以前去大阪的時候覺得,梅田附近的幾個車站位置也很複雜。
Commented by 小學生 at 2008-05-30 01:33 x
的確如此
不瞞您說,梅田一帶無論地上或地下都很複雜
我每次去都會迷路,而且問路也常得到不同的答案
後來我總避免去那一帶 =_= "


<< 靠得住 と 可靠 路遥《平凡的世界》 >>