最初見た時「奪」の簡体字(夺)?と思ったが^_^; 昔からある字らしい。ただし…



新しい言葉が生まれると、広告のコピーや雑誌にいち早く取り入れられる。これは国を問わない現象のようだ。もちろん僕は日本に住んでいるので、外国のメディアにそうそう目を通せるわけじゃないが、インターネットの「バナー広告」の一言フレーズなんかにも、新しそうな言葉をちょこちょこ見つけたりする。

で、最近台湾のサイトで見つけたのがこういうフレーズ。

用最短時間學會
的網頁設計
 

意味はおおよそ、---最短の時間で、最も「夯」なホームページデザイン技術を会得しよう---といったところだが、「夯」って一体なんだろう。一見すごく略字っぽいので、台湾で勝手につくった方言字の類か?と思ったら、ちゃあんと中日辞典にも日本の漢和辞典にも載っている。こうやってPC上に表記もできる。ただし、その意味はかなり専門的な、狭〜い分野の言葉だった。

《中日大辞典(大修館書店)》
【夯(䂫)】
A)hang1
 ①=[撞锤]地固めに用いる道具(つち、地突き棒、石塊など)。胴突き。
 ②(土木建築、畑などの)地を突いて固める(こと)。地固めする(こと)
 ③堤防などの地固め工事。
 ④[方](力を込めて)打つ。なぐる。
 ⑤[方]肩で担ぐ:〔扛kang2〕に同じ。
B)ben4〔夯〕
 [古白]ばかでかい。大きくてのろい:〔笨〕に同じ。→〔夯汉〕

《漢字源(学研)》

大部5画
[音]コウ(カウ)[漢]、コウ[呉]
[意味]
 ①{名}土を固めること。地づき。また、堤防を固める工事。「打夯歌(ダコウカ)(地突き歌)」。
 ②{動}力を入れて物を持ち上げる。「担夯(タンコウ)」
 [解字]会意。「大+力」で、大いに力むことを示す。
  (←ほんまかいな)

だそうだ。
試しに中国大陸の方の百度で検索すると、「强夯工程量计算」「主要产品/夯机系列」「地基处理--强夯法」など、土木関係と思しきサイトが多くヒットする。関連業界の関係者及び一部の翻訳業の方ならなじみのある字かもしれないが、フツーの日本人が知らなくても不思議はない…よな(言い訳)。

(ちなみに、よく分からない漢字が並んだサイトも出てくるが、多くは韓国のサイトの文字化けらしい。どうやら「夯」は文字コード上、韓国語の「본(pon)」という字に対応しており、「본부(本部)」という語にヒットしているようだ)


だが、今回の「夯」がそんな意味でないことは一目瞭然だ。ネット検索でもおおまかな意味はわかるが、正確なところまでつかむのは難しい。やっぱり知ってそうな人に聞いてみよう、というわけで、今回は台湾の網友Tessにメールを出して聞いてみた。ライターや翻訳の仕事をしている彼女は、言葉について並々ならぬこだわりがある。

結論を言えば、「大人気」「流行中」「大ヒット」、その辺を意味する言葉だそうだ。

さらに、この字が登場したのはごく最近のことらしい。彼女の印象では、ここ一、二年のうちに広まり始めた語彙で、しかも今年初めあたりまでは、漢字ではなく「ㄏㄤ」という注音符号で書かれることが多かったという。

注音符号とは現在台湾だけで通用する発音表記文字(wikipediaの説明)で、子音文字と母音文字をローマ字のように交互に並べて綴る(ㄏはh、ㄤはangを表す)。台湾のブログでは結構お目にかかれる字だ。と言っても、文章を書くわけではなく、擬音語や擬態語、間投詞、それから漢字を当てられない台湾語起源の言葉などを表記することが多いようだ。まあカタカナのような位置づけだろうか。

ということはつまり、夯(ㄏㄤ)も台湾語由来か、と推測もできるが、Tessの言う所では、出所はよくわからないそうだ。ただ、出始めの言葉だけに、台湾人自身「?」と思っている人も多く、Yahoo!知恵袋の台湾版に当たる「Yahoo!奇摩知識」にも質問がいくつか出ている。その一つを紹介してくれた。見るとどれもが個人の推測による回答のようで信頼性には疑問符がつくが、なるほどと思える部分もあるので紹介する。

【説1】もともとは「烘」という字だった。この字の台湾語読みが「hang」であり、「夯」の中国語読みと発音が同じのため、混用されるようになった。
※烘は北京語だと「火であぶる、乾かす」という意味が基本だが、大修館書店「中日大辞典」によれば、「熱烘烘」という言葉には「勢いが盛ん」という意味もあるらしい。

【説2】人気が高いことを中国語で「紅(hong2)」という。これは台湾でも通用する意味のようだが、この字を台湾語では「ang」と発音する。その2つの読みが混在し、中国語読みの子音「h」と台湾語読みの母音「ang」がくっついて「hang」となった…
※うーむ、複雑。だが、何やら漢字字典の元祖「説文解字」の発音表記法「反切」のようで面白い。

【説3】英語の「hot」がなまったもの。
※えー?わかりやすいが、つまらん説だなXD

というわけで、今回はいまいち結論が出ず歯切れが悪いが、もしかしたらこの言葉も、そのうち大陸方面に輸入されて流行り始めないとも限らない。そうなれば僕は、新しい言葉が育つ過程に立ち会ったということになる。Googleで見た限りでは、日本でこの語に触れたサイトは見当たらなかった。ちょっと楽しみだ。へへ。
[PR]
by uedadaj | 2007-09-07 21:26 | | Comments(19)
Commented by T.Fujimoto at 2007-09-08 02:08 x
こんばんは。
この場合、「夯」は当て字でしょうから、確実な語源を探るのは確かに難しいかも知れませんね。
あくまで個人的な感覚的ですが、3つの説で、一番ありそうなのが【説1】かなと、思いますね。
台湾語から来る新語が多いのと、語感的には台湾語ぽいですから。

それと、真ㄏㄤ、有夠ㄏㄤ...のような台湾語の使い方は、口頭ですが、昔からあったような気がします。意味的には、恐らく「有気派的」「最出風頭的」に似て...派手で目立つ、そのような感じでした。(?)
Commented by uedadaj at 2007-09-10 20:35
Fujimotoさん、こんにちは。
ご解説ありがとうございます^_^
なるほど、すると「ㄏㄤ」は「夯」という漢字表記を与えられたことで、
マスコミ(つまり印刷物)用語として出頭天できたって感じでしょうかね。
Commented by T.Fujimoto  at 2007-09-11 00:50 x
すみません、自信がなく、ウソかも知れません。
ちょっと検索してみたら、「夯」はいろんな台湾語の当て字になっていたし、古い文章のなかでも見かけますね。
いま流行の「最夯」とは、意味も使うケースも、なんか違うような気もします...
Commented by 小學生 at 2007-09-12 06:56 x
突然想到應該試著在kuso搞怪的 "偽基百科" 找找看
雖然查詢不到 "夯"
但卻發現更另類的用法:可使小白球夯的又高又遠
這裡的 "夯" 則是 "轟(出全壘打)" 的變音

嗯,我的感想是,流行語並不簡單~
Commented by baijinghy0527 at 2007-09-15 10:14
「夯」って感じ、初めて見ますた。
で、パパの記事、中盤(辞書の解説のとこ)まで読んで、

「最夯的網頁設計」を
「最も「基礎的」なホームページデザイン技術を会得しよう」
→「ホームページデザインの技術の基礎固めをしよう」

だと思い込んじゃいました。

土木、建築の「基盤」からこう(↑)連想しちゃったのであります。
Commented by uedadaj at 2007-09-18 11:07
Fujimotoさん、
網上字典よると、
「かつぐ」とか「膨らむ」という意味でも使われていたようですね。
加えて台湾語の当て字もあるとなると、ますます正体不明ですね。
今回のマスメディアによる意味付けがどれほど定着するか、
興味深いところではあります。
Commented by uedadaj at 2007-09-18 11:19
小學生,
へえ、原來連全壘打的意思都有啊。
或許是,這個夯或轟一词自從英語HOMERUN的縮約形而來的?XD
Commented by uedadaj at 2007-09-18 11:25
白氏、
うーん。这样解释也意味は通りますな。

そういや、最初は「夺」かと思ったと書いたけど、
ぱっと見じゃ窮の簡体字(穷)にも見えるな。
夺 夯 穷 
漢字のグラデーション。(爆)
Commented by 小學生 at 2007-09-19 02:39 x
> 或許是,這個夯或轟一词自從英語HOMERUN的縮約形而來的?
嗯嗯,的確是 homerun → 轟
而 "hang1夯" → "轟" 應該是利用所謂"台灣國語"發音而來

事實上用微軟新注音輸入法 type "ㄏㄤ"時
似乎只有 "夯" 是不會變成亂碼的字
Commented by why at 2007-09-22 22:29 x
面白い考察ですね。

正解まで辿り着くのが難しい作業でしょうが、個人的には小白さんのご意見に近いことを考えました。

土木、建築関係に使われる漢字ですので、もっとも頑丈な、最強な、といったような意味合いではないでしょうか。

英語と関連があるとしても、当て字を探す場合はなにしろ漢字の意味を考慮して使うのが中国語ですからね。
Commented by uedadaj at 2007-09-26 13:23
小学生,
那么,夯一字对微软来说应该是相当popular的chinese character吧(笑)
Commented by uedadaj at 2007-09-26 13:24
whyさん、
中国語ネイティブからの観点、ありがとうございました。
なるほど、発音の類似性とか元々の意味など、
いくつかの要因が重なって、こういう当て字はできるのかも知れませんね。
Commented by tubomim at 2007-10-18 19:43
您好!
「夯」是砸地用的工具,小时候老师教给我们记住这个字的方法是「大力为“夯”」。
「最夯的網頁設計」は力を入れた確実な、しっかりしたH/P設計の意味でしょうかな。
Commented by tubomim at 2007-10-19 09:50
突然想起「最夯的網頁設計」也许是最有力的,具有很大影响力,带来震动,震惊的「網頁設計」?
Commented by uedadaj at 2007-10-22 17:16
つぼみさん、
おっと…コメントいただいたのに2、3日見過ごしておりました。
ごめんなさい。
なるほど、「夯」という字に「ずどーん!」とか「どかーん!」というような
インパクト系(笑)のイメージがあるとすれば、
そのへんが影響しているとも考えられますね。
Commented by tubomim at 2007-10-25 07:32
おはようございます!
台湾にいる友達にもきいてみました(情報システムたん担当)。下記のような回答が来ました。あくまでもご参考まで、おかげさまで私もべんきょうになりました(笑)。
1、「夯」這個字以前從沒見過,是最近一兩年才跑出來的新字,大概就是最新、最棒、最實用的意思吧。

2、夯 其實有點像 熱門、流行 或 火紅 ,或有點像大陸說的【牛B】的意思。


Commented by uedadaj at 2007-10-30 18:44
わざわざありがとうございます。
「牛B」という言い方があるんですか。
「牛」が「すごい」とか「カッコイイ」というような意味で
使われているらしいことは知っていましたが、
「牛B」は初めて見ました。
Commented by Jasmine at 2010-09-23 10:44 x
好久没过来看ueda老爸的博了。
我最近也总看到这个"夯",却搞不准贴切含义,今天有时间检索一下,居然一眼先跳出老爸的博:)而且这么讲解探讨得这么细致高深,非常感激。
我看的段子是这样使用的,仅供老爸参考,语言是活生生的,生きている--此言得之啊(以下引用):
“大陸人比台灣人更愛逛台灣館,······所以台灣館之夯,夯到海峽這頭的我們無法想像,所以,夯到它只接受預約······才進得去。”
Commented by uedadaj at 2010-10-04 18:18
Jasmineさん、好久不见了^^ 返事遅れてすみません。
ご提供いただいた例文は上海万博の記事なんでしょうかね。
ありがとうございます。
この他にも紹介したい台湾独特の言い回しが
たくさん溜まっているんですが、
この夏は本業に追われてこちらのブログは手つかずになってしまいました。
でもそろそろまた更新始めますので、よろしくです。


<< 潘基文 わらべ >>