わらべ

友人のブログで拾ったネタからひとつ。



小白氏のブログは、知的趣味人がたくさん立ち寄る所で、コメントが意外な展開を見せることがあって油断ならない。こないだは、頭がぼっとしていて「ソウルミュージック」を一瞬韓流popsかと思ってしまった…という話を発端に、言葉の読み違いやソラミミネタ、果ては漢字クイズまで飛び出す雑学エンターテイメント空間が生まれていた。

その中でT.Fujimotoさんが触れたのが、シューベルトの「野ばら」の中国語詞の一節。その最初の部分をソラミミった爆笑ソングを披露しておられたのだが(具体的な内容は披露の現場でどうぞ)、僕としてはネタのおかしさの他に、中国ではあの歌が幼稚園のお遊戯になるほどポピュラーだということとか、中国語の歌詞そのものにも興味を引かれた。

さてその中国版だが、「わらべは見たり 野なかのバ〜ラ」の部分はこういう歌詞だそうだ。

男 孩 看 見 野 玫 瑰 荒 地 上 的 野 玫 瑰

んっ?
…と思ったのは、詞を見て頭に浮かぶイメージが、日本語版を聞いた時と微妙に違っていたからだ。つまり、

「野ばらを見たのは"男孩(男の子)"だった」ということ。

少なくとも僕の感覚では、こういったクラシカルな詩の世界で「男の子が野ばらの花を飽きることなく眺める」様子が、自然なイメージとして描けない。きれいな花に見とれて手を伸ばしたりするのは女の子か、まだ性別が問題にならない小さな子供のようなイメージがある。

でも「わらべ」という単語が「男の子」を指すのなら、単に僕の知識&認識不足ということになる。とりあえず国語辞典で意味を確認してみよう。

わらべ【童】
[「わらわべ」の転じた「わらんべ」の撥音「ん」の無表記]
①子供。小さい子。「里の---」
②子供の召し使い。わらわべ。

んー。特に性別を確定できる記述は見当たらない。だがこれは現代の国語辞典だ。今でこそ男女の区別なく用いられるが、古くは男女どちらかにしか使わなかった言葉もある。日本語詞は近藤朔風という人が明治年間に書いたものだそうだが、その頃の「わらべ」は、果たして男の子をイメージさせる言葉だったのだろうか。

だが、そんな中途半端に昔のことを調べる資料は手元にない。ので、古語辞典を引いてみた。
(講談社学術文庫版、各内容のうち用例は略)

わらべ【童】(名)[「わらはべ」の略]
①「わらはべ①」と同じ。
②年若い自分のをけんそんしていう語。

何だか「わらはべ」という言葉も出て来た。ついでに確認しておこう。

わらは-べ【童部】(名)
①[本来は複数だが単数にもいう]子どもたち。子ども。
②召使をしている子どもたち。
③「殿上童(てんじゃうわらは)」のこと。
④「わらは③」と同じ。

今度は「わらは」ですか。導かれるままにページを引く。

わらは【童】(名)
①元服以前の子ども。三歳から十六歳頃までの子ども。
②召使をしている子ども。
③[「五節(ごせち)の童」の略]五節の舞姫に付き従う少女

3つの項目の中に「妻」「少女」と、2度も女性が出て来た。考えてみれば、「わらべ歌」の中に女の子が遊ぶための手まり歌があったりするし、どうやら「わらべ」という言葉はもともと男女の区別がないと考えてよさそうだ。

さて、そうすると原詩ではちゃんと「男の子」なのかどうか確かめる必要がある。ゲーテが書いたという原詩のテキストはすぐに見つかった。

Sah ein Knab' ein Röslein stehn  Röslein auf der Heiden
わ  ら  べ  は  み〜た〜り     の な  か  の ば〜 ら

ドイツ語はまったくわからないが、会社にドイツ語の辞書があるので調べてみる。
(三省堂『コンサイス独和辞典』第5版)

Sah:sehen(見る、英語のsee)の過去1・3人称単数。
ein:不定冠詞(英語のa)の男性形1格
Knab':Knabe(男児、少年、若者、英語のknave)の省略形?
ein:(二つ上のeinと同じ)
Röslein:小さなバラ
stehn:えーと、よくわかんないが stehen(英語のstand)の何らかの活用形らしい。
   「ある」とか「咲いている」ということだと思う。

…習ったことのない言葉を調べるのは大変だ。ここまでわかるのに随分かかった。

どうでもいいが、やはり日本語は歌にすると速度がのろい。「♪わ・ら・べ」と歌う間にドイツ語では「わらべは見たり」の一文が終わっている。ちなみに中国語版は「♪わらべは見」までで、2歩遅れという感じ。

それはともかく、この2つの句に関する限り、中国語版はそうとう忠実に訳してあるようだ。やはり、野ばらを見たのは元々「男の子」であるらしい。ドイツ語で「子供」を表すのは「Kind」という一般的な言葉があるようで(そう言えば幼稚園を英語でkindergartenといいますね)、性別が問題にならない程度のお子ちゃまなら、こっちの方を使うんじゃないか。

しかもどうやらこのKnabeは、「わらべ」よりもいくらか年上のイメージがあるようだ。上記のドイツ語辞典の記述にあったように、英語にも同語源で「knave」という言葉があるが、英和辞典を見るとその原型は「cnafa(少年、若い下男)」で、意味は「(古)悪漢、ごろつき/(トランプ)ジャック」ときた。わはは。

そもそもこの詩の背景には、ゲーテが若い頃に別れた(捨てた?)女性の思い出がある、という話を検索中に見つけた。そう言えば二番、三番のくだりは、バラの抵抗も顧みず少年はバラを折って持って行ってしまい、あ〜あ、という感じだもんね。

英語版はどうなっているんだろう?調べてみたら、見つけるページごとに訳が違う。とりあえず見つけた訳詞の中から、最初の2句だけを並べてみる。

[The Wild Rose of the Meadow]
A young boy saw a budding rose,
Wild rose bud of the meadow.

[Heather Rose]
A boy saw a rose,
A rose on the heather,

[Rose blossom on the heath]
Passing lad a rose blossom spied,
Blossom on the heath growing,

[ROSEBUD IN THE HEATHER]
Urchin saw a rose - a dear
Rosebud in the heather.

原詩のリズムを無視したものもあり、タイトルもいろんなバージョンがある。どうやら決定版はないようで、歌としてもそれほど知られていないのかもしれない。

太線で示したのが「Knab'」の訳語と思われる部分だが、いろいろあって面白い。
「young boy」「boy」はわかるとして、
「lad」=[略式]少年、若者/[英略式]やつ、(元気のいい)男、ごろつき
「urchin」=[やや古]わんぱく坊主、悪がき、浮浪児
わはは。どんなイメージだ。

こうなってくると、訳者の近藤さんはやはり、日本の文化背景に合わせて、あえて「性別を限定しない小さめの子供」のイメージで訳したと考えた方がいいかもしれない。日本の古語にも「をのこご」などという言い方がなくはないが、

をのこご見たり 野なかの薔薇

だと何だか気持ちの悪い世界になってしまう。気持ち悪くない例を考えると『キャンディ・キャンディ』のアンソニーや『秘密の花園』のコリン坊っちゃんなどを思いつくが、残念ながら二人ともイギリス人だ(笑)。

まあそれはともかく、中国では「男 孩 看 見〜」という歌詞の世界は違和感がないのだろうか。原詩では3音節目にサラリと「Knab'...」で済ませているが、中国語ではいきなり「男・孩!」で始まるというこのインパクトの強さ。やっぱり、女の子が見とれて思わず手折って持って行くという話のほうが、引っかかりがなくさらりと聞けるんじゃないか、というのは偏見でしょうかね。
[PR]
by uedadaj | 2007-07-12 18:27 | | Comments(30)
Commented by 花うさぎ at 2007-07-12 21:06 x
ほう、そうですね。
この歌ってバラを見るのは男か女か考えたことありませんでした。
日本でも、花を折るの歌ってたとえば「こころあてに おらばやおらむ はつしもの おきまどはせる しらぎくのはな」っていうのがあるし、これを書いたのは男性だし、やっぱり思い浮かぶのも男性が花を折る図ですよね。やっぱり、風雅な時代なら、男の子が花を折ってもよいのかな。
うちの息子みたいなのを思い浮かべてしまうと「ありえない」感じになってしまうけど。
Commented by T.Fujimoto at 2007-07-12 23:58 x
こんばんは。
最初に聞いたのは「男孩」だったせいか、僕は日本語版を聞いても、脳のなかに浮かぶ絵は、男の子でした。
しかも風雅というよりは、厭がって抵抗するバラの叫びを聞かず、力で折ってしまう、そんな(元気のいい)男の子、わんぱく坊主、もしくは悪がきのイメージです。
Commented by 小學生 at 2007-07-14 01:46 x
哇,您這篇 "版本比較" 涵蓋了日、中、英、德四種語言!

這的中文歌詞應該是民國早年的音樂創作者譯寫的
雖然出現在小學音樂課,但也是首藝術歌曲
找到一個介紹歌曲故事的網頁
http://www.folkmusic.com.tw/heidenroeslein.htm
Commented by baijinghy0527 at 2007-07-14 09:28
小白でございます。
私はT.fujimotoさんのコメントで初めて中国語版の「男 孩 看 見〜」というのを目にして、キャンディー・キャンディーのアンソニーを思い出しました。
でも原詩を最後まで読んだら怖い。アンソニーではないなあ。

で、ドイツ語の発音は分からないのですが、もしかして
「Sah ein Knab' ein Röslein stehn」の
「Knab' ein」の所が「べ」に聴こえないですか?
そこで、近藤朔風は、音の似ている「わらべ」を当ててみたのではないか、と。
「べ」の位置のタイミングが合わないかな、、
Commented by baijinghy0527 at 2007-07-14 09:31
因みにリンク先の「キャンディー・キャンディー」のアンソニーのプロフィール見たら
「王子さまの正体を知っていたと思われる。」が、
「王子さまの生体を知っていたと思われる。」になってるし(爆)

「生体」を知ってても、ねぇ・・・
Commented by 花うさぎ at 2007-07-14 19:47 x

下のURLにドイツ語の元の詩と日本語の歌詞がのっています。

ずいぶん、違いますね。
わたしが知っていたのは、最初のものだけです。
これだと、何だか、「無邪気に折ってしまった」という感じしかないし、イメージのわかない歌詞ですよね。

ここで、ドイツ語の歌詞の対訳をみて、やっとFujimotoさんがおっしゃっている意味が分かりました。
中国語はたくさんの意味をコンパクトにまとめられる言葉だから、
ドイツ語の元の歌詞の意味を、日本語の歌詞に比べ、忠実にあらわせていたのかもしれませんね。

http://homepage2.nifty.com/densho3362/music/nobarawerner.htm
Commented by T.Fujimoto at 2007-07-15 23:56 x
> 小學生大

謝謝您介紹的網站, 没想到我知道「野玫瑰」的歌詞, 原本竟不是為Schubert的曲所填的。
可是我還是比較喜歡這首生動又平易近人的譯詞。
另一首蕭而化先生的詞, 用字顯然比較文言, 而且好像多了一些譯者本人的銓釋。 像「從此容顏落萬劫」有点超出原詞的範囲,而「露熵」等又顯得有点隱晦不易懂。不是嗎?

看看蕭而化先生的詞, 我突然想到了 鹿橋「未央歌」裡的藺燕梅了。不説後來折花的故事了, 之前她不是早在晩会上唱過黄自的「玫瑰三願」嗎?「我願那愛我的多情旅客莫攀折...」
Commented by uedadaj at 2007-07-16 11:35
花うさぎさん:
なるほど。古典の世界では確かに男が花に見とれて折るのも
当たり前のような感じですね。
ご紹介いただいた小学五年向けの歌詞、私は知りませんでしたが、
近藤版の「刺さん」「あせぬ」がちょっとキツイ表現なので、
まあこんな感じに丸く表現するのも手かな、と思いました。

ただ、1番の「ゆめの花よ」の部分は、急に手抜きな気がする^_^;
Commented by uedadaj at 2007-07-16 11:38
T.Fujimotoさん、いらっしゃいませ。
そういわれてみると不思議なもので、シューベルトの曲も
男の子がピンコピンコ跳ねてるイメージに聞こえるような。
Commented by uedadaj at 2007-07-16 11:50
近藤朔風という人は、
シューベルトの「野ばら」用とウェルナーの「野ばら」用に、
2種類の歌詞を書いたようですね。
http://www.bekkoame.ne.jp/~mann1952/lied/nobara.html
で、両方合わせると、原詩の描写が完成する感じでしょうか(笑)
Commented by uedadaj at 2007-07-16 12:03
小學生,謝謝你提供消息。
原來中文歌詞也有兩種版本啊。

>自古美物為人愛,遭多橫奪苦推折,

哎,這個版本竟步入歷史評論^_^;;
Commented by 小學生 at 2007-07-16 18:27 x
T. Fujimoto San、Uedada San,
不用道謝,我也是靠google大神找的啦 ^^ !!!

音樂版本的故事算是個意外發現吧…
至於中文歌詞
我從小到大只知道周先生的"簡明"版
大概是因為蕭先生的版本的確不夠白話
不怎麼適合放在小學音樂課本
(但也有人說用台語唸,相當有韻味)
Commented by 花うさぎ at 2007-07-16 20:55 x
>1番の「ゆめの花よ」の部分は、急に手抜きな気がする

Uedadaさん、するどい。

確かに、ここの部分、安易というか、安っぽいというか、そんな感じですね。「どうせ、意味が伝えきれないんだから、ま、いっか」ていう感じですね。
Commented by uedadaj at 2007-07-17 11:20
小白氏:
わはは、正体知ってたら、そりゃ生体も知ってるかもしれんですな。
ついでに生態とかも。
「王子の生態」というと、最近話題のトピックみたいだが。

「Knab' ein」の部分なんですが、
einはたぶん「アイン」て感じの発音なので、
「ば」に近くなるんじゃないかな、と推察いたしますです。
Commented by uedadaj at 2007-07-17 17:26
小學生,
那麼那個蕭先生的版本是意識著台語發音而寫作的?
哇,很有趣,我想要聽一聽台語版。
Commented by uedadaj at 2007-07-17 18:01
花うさぎさん、
へへ、
実は私らも、スネにキズ持つ身というか。
カタログの文面なんかで、無難に話をまとめたい時に
ついつい使いたくなるんですよね。夢という言葉を。

なので、こーゆーフンイキ言葉には却って敏感です(笑)
Commented by 小學生 at 2007-07-17 22:53 x
> 蕭先生的版本是意識著台語發音而寫作的?
嗯,我想未必如此
蕭先生1906年出生於江西省
1935年到日本留學,就讀於國立上野東京音樂學校作曲科
1942年回中國後,在福建省的音樂專科學校任教,後來才到台灣
照此看來,他譯寫歌詞時應該不會刻意想著台語發音…

中文詩歌吟誦,向來有北京語並不適宜的理論
一般認為,無論廣東話、客家話、台語或其他方言
都比北京語更接近中原古語的音韻
許多詩詞以北京語唸,固然有押韻
但若改用台語吟詩,往往會發現韻腳又更合
Commented by uedadaj at 2007-07-19 11:39
聽說日文漢字的「音読み」也不少留下上古漢語的發音痕跡,
所以念漢詩時用音読み也就能感覺到一些押韻。
Commented by 小學生 at 2007-07-20 00:43 x
嗯,我google的時候也看到這種說法呢
其實台語唸詩詞也是要注意讀音的

Commented by baijinghy0527 at 2007-07-21 08:26
ハンカチ王子の生態。。
フライデーの見出しみたい。

あ。「ハンカチ王子」って略すと「ハ王子」だ!
「八王子」の「ハ王子」。

削除しちゃってください、、、
Commented by uedadaj at 2007-07-23 14:52
小學生,
我認識的幾首台語歌曲也是重視押韻的,
看來好像聲調都押,真是令人佩服的。
Commented by uedadaj at 2007-07-23 14:55
白氏、
消しません(当然)。
そういえばハンカチ王子もハニカミ王子も
「ハ王子」ですな。
次に出るのはハ…何王子でせうね。
ハトムネ王子、
ハバトビ王子、
ハリボテ王子、、、、
Commented by pake_93 at 2007-07-24 00:35
むかーし、音楽の時間に習ったのを思い出してみると
こんなだったと思います。

ザー アイン クナープ アイン ルーシュライン スティーン
わ  ら    べ    は   み    た   り

ルーシュライン アウフ デル ハーイデーン
の    な   か   の  ば  ら

日本語の歌詞はホント、のったりのったりしてるよね…。

確かに男か女かを気にしたことなかったですね。
でも花うさぎさんの言うように薔薇を折って指かなんかを棘で刺されるのは
やっぱ男のイメージかなぁ…。
もっとも私の場合は、上記のイメージは風雅な男性ではないけど。
アンソニーよりはテリーのイメージだなぁ…。(←どっちにしろ童ではない)
Commented by uedadaj at 2007-07-24 20:18
どうやら、男イメージにしっくり来る方が多いようで。
なるほど。pakeさんはテリー派ですか。
あの二人は黄金の対立項ですな(笑)

音楽の時間に野ばらドイツ語やったんすか。
私ゃ第九もやってないっす。
Commented by danmei at 2007-08-17 07:05
お久しぶりです。
楽しく読みました。

いろいろ感想がありましたが、ちょっと時間がなくなって、
また遊びに来ます。
Commented by uedadaj at 2007-08-20 14:49
丹梅さん、お久しぶり。
だらだらと長い文ですみません。
適当に読み流していただいて、もし面白い部分があれば幸いです^_^;
Commented by why at 2007-08-23 22:22 x
>次に出るのはハ…何王子でせうね。

遅ればせながら、ハナカミ王子は如何でしょうか。
花粉とあまり関係ないようですが。。。

すみません。こんな書き込み、恥ずかしくて恥ずかしくて、今日まで温存していました。
Commented by uedadaj at 2007-08-24 11:38
だははは。
その手があったか。採用させていただきます(何に)
whyさんのハナカミ…いやハニカミぶりも可愛いっす。
Commented by why at 2007-08-25 08:52 x
採用していただき、ありがとうございます♪
うれし~い。
鼻歌を歌いたくなりました。

ハトムネゲンマイプーアールチャ、
ソーケンビチャッ!

お耳汚し、失礼しました。
Commented by uedadaj at 2007-08-27 11:09
んはは、汲めども尽きず、ですね。

最近の世相からすれば
「ハナウタ王子」なんかも受けるかもしれませんが…
とか言ってる間に高校野球も終了。

くだんのお茶の唄は当初
♪ハトムギ 玄米 月見草〜  でしたが、
最近は月見草がなくなったようですね。

そう言えば明日は、月がなくなる皆既月食。


<< 夯 格 >>