実物大

「実物」って、どこからどこまでが「実物」なんだろう。



子供が生まれてから、急に頻繁に行くようになったのが、おもちゃ売場だ。何年も前の話になるが、子供に買ってやるものを探しに、あるデパートのおもちゃ売場に夫婦で足を運んだ。何を買ってやるつもりだったのかは覚えていない。その代わり、妙に記憶に残ったことがある。

目的の場所へ向かう途中で通りがかった、ポケモン売場。そのまん中へんにディスプレイされていた、ピカチュウの結構大きなぬいぐるみ。その足元に、大きめの手書きの値札。

ピカチュウ
実物大
1,980円


「じつぶつ??」僕と家内は顔を見合わせて目を丸くした。…いや、言いたいことはわかります。テレビの中で、主人公のサトシくん(だよな、確か)などの人間どもと比較した上での、設定上の大きさに近いよ、という意味でしょ。ポケモンに慣れ親しんだ子供たちにもこれで充分通じるだろう。だが、その世界の外にいる我々は、デパートの店員さんがどんなつもりで「実物」と書いたのか、正式なカタログにもそう書いてあるのか、等々のことに思いが行ってしまい、微妙な笑いをにじみ出さざるを得なかった。

そう言えば僕の甥も小学生の頃ポケモンに相当はまっていたようだが、似たようなエピソードがある。彼の妹が飛行機で旅行することになった。その時乗ることになったのが、ANAのポケモンジェット。当時、甥は小学5年くらいだったか、まあポケモンは卒業しかけだったと思うが、家内がそんな彼をからかって「実は羨ましいんでしょ」と水を向けた。それに対する彼の答えがまた微妙。

「そんなの羨ましくもなんともないよ。本物が来るっていうんなら別だけど

ほほ。何だかわかっているような、いないような。当時の彼は、まだフィクションと現実の境界線上をウロウロしていたようだ。

その辺のことがしばらくウチで(というより僕ら夫婦の間で)定番ギャグになっていたが、ある時、関西に行っている友人が久しぶりに東京に戻ってきたので、一緒に食事をした。彼も子持ちで、しかも昔からアニメ系には詳しいヤツなので、さきほどの「実物大」の話をしてみた。だが反応はこちらの期待したような苦笑ではなく、普通の流れでこう言った。
「ああ。ピカチュウは体長40cmという設定になってるからね」
あ〜、そうなんですか。知りませんでした。でもオレらが言いたいのはそういうことぢゃなくてですね…。まあ仕方がない。この手の話は笑ってもらえなければそれまでである。

別に、フィクションの中の物を「実物」と呼ぶのはおかしいとか、んなカタイことを言いたいわけではない。じゃあどう呼ぶんだよ、と言われるとそれもなかなか難しいし。ただ、ここで「実物」という単語を使うことに抵抗を感じるかどうか。によって、その人の頭の中のある部分の風景がほの見える気が、しなくもない。

ところで、こんな細かいことを思い出して書く気になったのは、近ごろニュース番組で耳にした、あるトピックのせいだ。小さなニュースなので、今検索しても見つからなかったんだが…

オランダで、ノアの方舟の「実物1/5モデル」「再現」したという。

そうか。そう言えば、ポケモンなんかより余程「権威ある」フィクションが、大昔からちゃんと存在していた(私個人はフィクションだと思っているんですが^_^;;;)。現地及びいろんな国のニュースでは、この「実物」をどんな風に表現しているのだろう。キリスト教世界の内部にいる人々は、やはり「実物」といってのけることに違和感がないんだろうか。
[PR]
by uedadaj | 2006-05-11 19:43 | | Comments(18)
Commented by 花うさぎ at 2006-05-11 20:41 x
あ、私もポケモンが流行っていたころに同じようなことを思いました。ガンダムでもそういうのありますよね。
だけど、あの40センチのピカチューを肩や頭に乗せて歩くのってつらくないのかなあとも思っていました。(スイカをずっと乗せている感じかしら)

昔、小林よしのりの漫画で「東大一直線」っていうのがあったのをご存知ですか。その漫画では、最後に、東大通という名前の男の子がマークシートを「東大」という字の形に塗りつぶして東大に入ってしまうんです。
それを見た私の知り合いは「おどろいた。本当に東大通が東大に入っちゃうなんて」といってましたが、まさか実話だと思ってたわけじゃ‥。

Commented by why at 2006-05-12 23:18 x
実に面白くて考え出すと切りがありませんね。実物には確実に違和感を覚えていますけれど、だからといってその代わりの言葉を探そうものなら、ものすごくまどろっこしい表現になりそうですね。なんだかこういう表現を普通に受け止めている人たちもいるという実話を伺い、実はちょっと驚きました。童心を失っていないのですね。実に羨ましい。。。
Commented by lili at 2006-05-12 23:41 x
私はこういう日本語の使い方大好きですね~。「あ~ドラえもんは129.3センチだからね」って言っちゃうかもしれません(笑)「設定大」とかじゃ絶対買わないだろうし!「原寸大」ならどうですか?
リンクの件、迷惑なんてとんでもない。よろしくお願いします。
Commented by baijinghy0527 at 2006-05-13 09:16
「実物大のピカチュウ」なるへそ。 
確かに、ピカチュウの実物ってなによ!ですなぁ。

「等身大の自分」ってのもどーでしょー、みたいな。

ちなみに、東大一直線、なつかしい。
Commented by uedadaj at 2006-05-14 23:47
花うさぎさんも思ってました?
やはり日頃から言葉に突っ込みを入れる立場の方。
スイカほど重くはないでしょうが…そうですね。肩がこりそうだ。
東大一直線は結局東大に入っちゃうんですか。
最近、がきデカの作者が中年になったこまわり君の話を書いてましたが、
東大以降の東大通ってどんななんでしょうね。

ところで、ガンダムにもそういうのがあるって…実物大?@_@
(ケロロには「実物大」人形が売ってありましたが…)
Commented by uedadaj at 2006-05-14 23:50
whyさん、
こういう、以前はなかった概念の言葉って、いろいろややこしい問題がありますね。
で、その辺をうまく違和感なく説明できる言葉を考える仕事が、
時々広告屋に回ってきたりするわけです。(笑)
Commented by uedadaj at 2006-05-14 23:53
liliさん、
>「設定大」とかじゃ絶対買わないだろうし!
そうなんですよね。間違っていようがいまいが、
買う側の気持ちに一番近い言葉が、商売の現場では勝つわけで。
その辺の食い違いから、いろいろ面白え言葉が生まれるわけで。
Commented by uedadaj at 2006-05-14 23:59
白氏、
あー、等身大の自分ね。便利なイメージ言葉っす。広告屋としては(笑)
ある種の文面の呼びかけとかまとめに、つい使って済ましたくなる。
「自分の縮尺」という考え方も面白いかもしんない。(←自分にヒント)
Commented by 花うさぎ at 2006-05-15 09:46 x
>ガンダムにもそういうのがあるって…実物大?@_@

さすがに大きさが大きさだから、実物大ではないですが、下のURLにあるみたいな1/60scaleのモデルなどを見ると、「だって実物ないだろ?」と思ってしまうんですね。


http://www.gundam.channel.or.jp/goods/pramodel/pg/pg_zg/pg_zg.shtml

>等身大の自分

これって、今流行の「下流」っぽい言葉ですよね。
「無理しないで(つまり向上心いらないから)、自分らしく行こう」というような文脈で使われてたり。
それとも、そうじゃなくて、「厳しく自分を見つめなおして、地道に行け」ということなんでしょうか。
Commented by uedadaj at 2006-05-15 16:11
だはは。そりゃまそうですよね。>「だって実物ないだろ?」

>「厳しく自分を見つめなおして、地道に行け」
こういう意味合いは、これまでの消費者甘やかし型のメディア文脈だとあり得なかったですが(笑)、今後は出てくるかもしれませんね。
「叱られたい人々」も最近多いようですし。
Commented by danmei at 2006-05-18 07:10 x
えん~、なるほど。
中国の場合はどうですかねと考えちゃいました。

口袋精灵比卡秋
实物大
○○元

子供の反応はどうでしょうね。
Commented by uedadaj at 2006-05-20 00:39
danmeiさん、
いやあ、ポケモンが同じように人気があるのなら、「実物大」で通用するんじゃないでしょうかね(笑)
Commented by pake at 2006-05-20 02:46 x
うちの息子も、仮面ライダーのベルトを「だってこれは本物じゃなくておもちゃでしょ」と言ってました。本物だとちゃんと変身できるけど、おもちゃは出来ないんだって。(これも1/1スケール売ってるなぁ…)
彼の友人たちもウルトラマンの着ぐるみ見て「あれは本物じゃなくて中に人間入ってるんだよ」と言ってました。男の子って発想が子供子供してて好き。

実物大ガンダムなるもの、胸像ならバンダイミュージアムにあるようですよ。
http://www.bandai-museum.jp/asobu/g_museum.html


私はこういうニュースも結構好き。
三菱重工ガンダム開発ストーリー
http://www.mhi-ir.jp/news/sec1/200502044313.html
Commented by uedadaj at 2006-05-22 10:57
変身ベルトは、「大人用のライダー1号バージョン」が好評のようですが^_^;
ガンダム開発話って、なんか似たような話を花うさぎさんとこで見たような…
あれはマジンガーZでしたかね。
ガンダム胸像、別に見てみたくはないけど、
素材は何を使ってるのかだけは知りたいですな。
プラスチックだったら許さん(爆)
だがほんとに金属使ってたら…なんだかむなしい。
Commented by ymznjp at 2006-05-23 08:11
花うさぎです。


ガンダム胸像、何年かまえに子供と見に行きました。
それを見ながらカフェでお茶が飲めるようになっていたり、ゴンドラみたいのに乗って顔を真近で見られるようになってたり。
何だか、率直に言って、大仏みたいな感じです。

私にはつまらないところでしたが、子供とその友達はショップが充実しているからと何度も行っています。
きっとUedadaさんが行ってもつまらないと思うでしょう。
Commented by uedadaj at 2006-05-25 00:29
ははあ。ゴンドラに乗って間近に。
さすがに乗り込むまではできませんか(笑)
私も子供が男の子だったら、今ごろ連れてかれてたかも知れないな。
Commented by baijinghy0527 at 2006-05-27 11:10
いまさらベタではありますが、やはり
実物「大戦艦大和」がとりあえず、直近の最大モデルかな?

http://webnews.asahi.co.jp/gururin/20050923_h.html

ガンダムとどっちがでかいんだろう?
Commented by uedadaj at 2006-05-29 11:12
あー、ロケセットね。そりゃー大和の方がでかいでしょう。
ガンダム一人乗りだもん(笑)
映画のためとは言え、よくつくるよなあ。


<< 5201314 去死去死團 >>