屈託のないご意見をお聞かせください

という言葉を最初に見かけたのは、7、8年前、知り合いのホームページだった。



最初はギャグかと思ったが、前後はいたって真面目な文章。画面を見ながら、教えてあげるかどうか、しばらく迷った。が、会って話したりメールを出すほどの間柄ではないので、結局ほっといた。それよりも、この言い回し自体に興味がわき、試しに"屈託のないご意見"でyahoo検索してみた。

ヒット数2件。当時としては珍しかったようだ。

何年か経ってから、その人のページを訪ねてみた。以前のままの形で続いていたが、上記の言い回しは消えていた。誰かが指摘したんだろうか。別に気にしていたわけじゃないが、少しほっとした。だが、再びネット検索してみると、使用例は50件あまりに増えていた。

そしてまた数年後。今回、コレを書くために調べてみたら679件。今回はgoogleだし、ネット検索自体の性能も上がったのだろうけど、増えているのは間違いないだろう。

最初は、ウェブログなど個人サイトが増えたせいかと思った。だが679件の中には、企業、団体のサイトが意外と多い。医院、ネットショップ、NGO、それから大学や自治体のページも^_^; つまり、団体の名においてホームページ係の個人が書き、校正なしで公開しているのだろうか。

口頭で話す場合には、聞いている人が気づき、その場で指摘したり後で教えるなどして落着する場合も多いだろう。だが、ネットの場合はそうした「知るは一時の恥」をかきにくい。行きずりのサイトで見つけた知らない人の文章が少しぐらい変だからといって、わざわざ指摘する人がどれほどいるだろうか。ほとんどは僕と同様、気づいてもほっとくでしょ。本筋に関わりない些末な部分であればあるほど、そうして温存されていくに違いない。

それに、「屈託のないご意見」の場合、つい温存したくなる気持ちも働く。意味が解釈できなくはないからだ。たとえば、
「かっこいいですねー」とか
「えー、それってやだ」とか
「で、どっちが悪いの」とか、
いろんな「屈託のないご意見」が考えられるじゃないですかXD つまりは、面白いからほっといた、ほっとくうちに広がった。そんな事情によるのかも知れない。だが広まり過ぎると、本来の「忌憚のないご意見」の認知度が下がり、通じなくなったりして(笑…ってる場合じゃないか


似たような言葉のリミックスということで、もう一つ例を挙げると、僕の勤め先の社長は「ケンケンガクガク」という言い方が許せないのだそうだ。元々コピーライターだから、言葉にはうるさい。「正しい言い方はカンカンガクガク(侃々諤々)か、ケンケンゴウゴウ(喧々囂々)であって、喧々諤々じゃない」飲んでいて言葉の話題になると、決まってこの話が出た。

広辞苑第五版にはこう載っている。
  侃侃諤諤:剛直で言を曲げないこと。遠慮することなく論議すること。
  喧喧囂囂:たくさんの人が口々にやかましく騒ぎ立てるさま。

---要するに「話し合いをしているか、いないか」の違いらしい。

だが、この例では既に「正しくない」ほうがポピュラーのようだ。試しに検索してみた。
 侃侃諤諤:50,300件 侃々諤々:62,000件  計:112,300件。
 喧喧囂囂:13,100件 喧々囂々:41,800件  計: 54,900件。
 喧喧諤諤:35,100件 喧々諤々:111,000件  計:146,100件。
本家、かなり旗色が悪い。

実を言うと、上記の広辞苑には「喧々諤々」もちゃんと掲載されている。
(喧喧囂囂と侃侃諤諤が混交してできた語)
 多くの人がいろいろな意見を出し、収拾がつかない程に騒がしいさま。

なるほど、うまい具合に、二つの本家が歩み寄って握手したような意味になっているではないか。それに、伝統的な「侃々諤々」より新参の「喧々諤々」のほうが、現代の議論のあり方をよく表しているのかも、とも思う。遠慮のない議論よりも、騒がしく収拾のつかない議論。何やら「忌憚のない意見」と「屈託のない意見」の関係にも通じる?


ついでに。この手の言葉で、個人的に名作と思うのは、家内が言い放った「弘法、猿も流れる」だ。同義の諺3つのエッセンスを満遍なく活かす、絶妙なブレンド。意味は通らなくても、何を言っているかわかるでしょ。
[PR]
by uedadaj | 2006-03-10 17:00 | | Comments(12)
Commented by 花うさぎ at 2006-03-11 18:35 x
小白さんのところから来ました。
ギャグかと思うような大真面目な間違いって他にもありますよね。
たとえば、「柿くへば鐘がなるなる法隆寺」とか「好きなものこそ上手になれ」とか。
何だか絶句。
よく教えてあげたい間違いを見ることもありますが、親切だとはどうせ思われないだろうし、うるさいおばさんと思われるのが関の山ですしね。

Commented by uedadaj at 2006-03-11 21:35
花うさぎさん、ようこそ。
記念すべきコメント第一号です。
>「好きなものこそ上手になれ」
わはは。それ、知りませんでした。
そこまで無邪気なのは、口出すのも大人ゲないって感じですね(笑)

この手の言葉は、TVなどで一気に広がることも多いのかもしれません。
出演者の発言だと、削除はできても校正はできませんからね。
(「違うだろ!」と突っ込まれているうちはまだいいが)
でも、民放のバラエティならともかく、最近NHKあたりでも多い気がする-_-;;
Commented by why at 2006-03-14 18:59 x
屈託のない意見ですが、大変面白い記事でした。喧々諤々、ほら、これが一発で変換されるのに、侃々諤々は一遍に出ないんですよ。広辞苑、しっかりしなさい!この言葉に関して、今でも中国ではよく使われるものですから、中国人ならまず間違えることはないと思います。喧々囂々(これも一発で出た)の場合は、喧囂という形で常用されていますので、まぁ、問題ないでしょう。日本語学習において、やはり中国人は地の利を得ているので、西洋人より楽ですよね。うまくならないとばちが当ります。個人的には侃々諤々は雄弁で理屈の通った話をしている、ちょっと知的な話し手をイメージしますが、喧々囂々では、ただ騒がしいだけではないかと思ってしまいます。いろんな人が混じると、なるほど侃々も喧々もあって当然でしょうね。どの辺で混交してしまったのかちょっと気になりますね。
Commented by why at 2006-03-14 19:02 x
少し話が変りますが、日本語には「臀部」を「デンブ」と読みますよね。これ、もし中国で迂闊にも「dianbu」と読んだら、とんでもない恥を掻きますよね。顔から火が出るくらい、消防隊が来ても救えないくらい、聞いているほうが顔をそむくくらい、まぁ個人的感覚ですが、こんな感じの恥ずかしいことです。字の読み間違いにうるさい人が多いです。「tunbu」がどうして日本に来ると「デンブ」になってしまったのか理由が分かりませんが、これを最初に日本人に教えた人間がちょっと教養が足りなかったのかな、と想像して見ました。
「弘法、猿も流れる」、傑作ですね。一石三鳥、一挙三得。メモ完了。


Commented by why at 2006-03-14 19:04 x
失礼しました。喧々囂々、一発で変換されて当然ですよね。
Commented by uedadaj at 2006-03-15 11:35
侃の字はヒゲを蓄えた剛直なじいさまを連想する形なので、「ただ騒がしいのではないんだな」という覚え方をしました。喧の字は喧嘩のケン、囂は口が4つもあっていかにもうるさそうなので、「こいつらに理屈は通用しない」という感じです。何だか受験の暗記術みたいですが(笑)

臀の字は今まで中国語で発音したことがありませんでした。私ゃ中国で恥をかくクチですね。漢和辞典でみると、元々の音は「トン」「ドン」であり、「デン」は慣用読みだとか。おそらく、いにしえの日本人が「殿と同じ読みだろ?」と勝手に推測したんでしょう。そういう例は結構あります。
たとえば「独擅場(ドクセンジョウ)」。擅と壇が混用され、今では「独壇場(ドクダンジョウ)」の方が普通になっています。
Commented by 花うさぎ at 2006-03-16 11:59 x
>日本語には「臀部」を「デンブ」と読みますよね

え、読み間違いがそんなに恥ずかしいことなんですか。それとも、「別の恥ずかしい意味」があるということなんでしょうか。

先日もテレビで「ミソユウの事態」と何度も言っている人がいました。
「何だろう」と思いましたが、もしかしたら「未曾有」のこと?と後から思いました。テレビで広めないでほしいですね。

後、中国人の通訳に「この工場はとうさんするのいつですか」と言われてびっくりしたという話を聞いてネタだろうと思っていたら、私が勤めていた会社に来た中国人も本当に「私たちの工場は来月とうさんします」みたいなことを言っていて驚いたことがあります。
「投産」をそのまま日本語読みしていたんですが、日本人はみんな「倒産」だと思っちゃいますよね。
Commented by uedadaj at 2006-03-17 15:41
それおもしれー!
投産と倒産じゃ、ほとんど反対じゃないですか。
…ということは我々もうっかり日本語の熟語をそのまま使ってられないですね。こわいこわい。

読み間違いで思い出したのは、ずっと前、仕事先の人電話で話した時のこと。
「○○さんのお母様が亡くなったので、ケイホウを出したいとのことで…」
?…何で人が死んで警報だすの?何か恐い病気か?と思いつつ、
しばらく話しているうちに「訃報」を「計報」と思っているらしいことが判明。
発注元の方なので、やんわりとお突っ込み申し上げました。
Commented by why at 2006-03-18 18:06 x
花うさぎさん 中国で「デンブ」と読んでも別の恥ずかしい意味はなく、ただの読み違えですが、しかしこの間違え方が表音文字と勘違いしているのが明らかで、いわゆる「お里が知れてしまう」といった感じの間違え方です。「お里が・・・」なんて言葉を使いたくなかったけれど、その感覚を説明するにはこれしか思い浮かばなくて、ごめんなさい。
Commented by why at 2006-03-18 18:13 x
感じの読み間違いってけっこうありますよね。いつか自分のブログにも書きましたが、某チャンネルの人気番組の司会者が写経のことを「シャケイ」と読んでいました。某大学の先輩に「杜撰」を「トセン」と言われて、どういう顔をすればいいか困ってしまいました。大方の漢字はルールに則った発音になっていますが、しかしたまに変則があるから、うっかり出来ないですよね。かく言う私もいつどこでどんな間違いをしているか分からないので、冷や汗ものです。
Commented by why at 2006-03-18 21:13 x
とほほ・・・漢字の読み間違いだけでなく、書き間違いもあるものですね。どこの誰だかわかりませんが、漢字と感じの違いも知らなかったようですね。ほんと、感じ悪いですね。ごめん遊ばせ!!人様のあら捜しばかりしていたら、バチがあたりました。失礼しました。
Commented by uedadaj at 2006-03-18 21:59
返還ミスは渡しにも欲あります。
日本語ではギャグの一ジャンルにもなっているくらいですし、
どうかお気になさいませんよう。

それはともかく、日本語の場合、
難しい熟語の多くをかな書きで通用させるせいか、
漢字をイメージしないで常用している言葉も結構たくさんあります。
杜撰(多くの場合「ズサン」「ずさん」と書く)などはその好例ですね。


<< 烏龍麺 缶 と 罐 >>